FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

深刻ながんでも、私がまだ生きているのは、恐らく「黒焼き玄米茶」と「ゲルソン療法」が成功しているからでしょう

 また、細かいことはいつか書きます。 ただ、1話書いただけで1,000を超えるアクセス数から、同じようにがんで苦しんでいる方や、そのご家族がいかに多いかを知りました。 ですから、もったいぶらずにさっさとポイントを書いておくことにしました。


 私のガンは、すい臓がんです。 よくあるように、背中が凝ったような、腰が凝ったような感じが日に日に強くなり、ベッドのマットを替えてみたりしたが、一向によくならない。これは単なる筋肉痛なんかじゃないな~と医師にかかり、血液検査の結果、がんマーカーで発見されました。

 そして総合病院を紹介され、検査入院です。CT画像を見ると、タラコのような形のものがあり、これがすい臓だと。「ほ~」と見ていくと、そのタラコが右側でぺちゃんこになっているんです。 つまり、すい臓がくっついている十二指腸から近い部分を膵頭部(すいとうぶ)、遠い部分を膵尾部(すいびぶ)、真ん中を膵体部(すいたいぶ)というんですが、私の場合、膵尾部へ行くほどタラコが細くなり、ぺちゃんこになっているんです。膵尾部からがんによってどんどん犯されていっているのがはっきりわかりました。ステージ分類では1a~4bのうち4aとのことでした。

(下図は、私のがんの状態の素人イメージ図です。)

gan001 それからは、恐らく皆さんもそうだったように、もう毎日毎日ネットで検索ざんまいです。 いいことは何も出てきませんでした。 余命半年…。予後が最も悪い病気。手術不可能な場合が多い。手術自体が困難なため拒否する病院が多数…。抗がん剤も効きにくい。

 ふと…「俺やっぱもう死ぬんだ。」と思いました。 でも、今すぐ死ぬのは困る。まだ何にも死ぬ用意をしていない。愛する妻が困らないようにしてあげないと、せめて、せめてこれだけは死ぬまでの俺の義務だ。

 不幸中の幸いというか、検査入院した総合病院はすい臓がんの手術実績もまあまあの実績でした。ここで手術することを決めました。 最初、担当外科医の説明では、「膵臓の半分を削除することで何とかなりそうです。」とのことでした。 

 そして手術中 妻に執刀医から電話が入ったそうです。 執刀医「事前の検査とは実態はかなり悪い方向に進んでおり、すい臓の半分だけではなく、全摘出になります。さらに、十二指腸と胃の3分の1を摘出しますが、よろしいですか?」 妻「先生にお任せいたします。」 ということで、実際に腹を開いてみるとCT画像で見たよりも膵尾部から膵頭部に向かって覆いかぶさるように進行していたようでした。 手術は、生きていたので成功なんでしょうね。 そのときは、ただ「生きている」だけで大成功だと喜んでいました。


話は、一気に飛んで、1カ月半後の退院です。

 がんが再発したら、もう終わりだという話を聞き、退院の日から 肉をやめました。 酒をやめました。 たばこは、数年前にやめていました。 そして再発予防という形で、抗がん剤治療に入った。ジェムザールを2週に1回の割合で点滴することになってしまった。


 3カ月ほどたつと、手術でいったんすべて正常値だったがんマーカーの数値がグッグッと上がり、さらに追加で抗がん剤治療、TS-1を朝夕2カプセルずつ、4週飲んで2週休みというのを1クールに治療を進めていくことになった。 数カ月後、どうしてもTS-1の副作用が強くて、飲めないと医師に申し出、現在朝夕1カプセルずつに減らしたもらった。

いずれにしても、がんは再び侵攻しはじめたのです。


【妻がゲルソン療法と黒焼き玄米茶を提案・実施】

ある日、妻が言った。「このままだといけないと思うの、ゲルソン療法というがあって、食べ物でがんを治すの。黒焼き玄米茶で免疫力を上げるの。」 その日から現在まで、わが家はゲルソン療法を続け、そして黒焼き玄米茶を飲み続けています。

 ゲルソン療法については、後ほど書くつもりですが、その筋のホームページがいくらでもあるので、お急ぎの方はそちらを参照してください。黒焼き玄米茶についてもサイトはありますので、そちらを参照してください。

 ただ、そのまま全部ご自身でも導入できるとは限りません。自分なりにカスタマイズしていくことが必要だと思います。その個人個人に合わせ方などについても、おいおいお知らせできればと思っています。

 簡単に言うと、ゲルソン療法は「がんを兵粮攻め」で弱らせ、やっつける。 黒焼き玄米茶は、体温を上げ、がんに勝つ免疫力を高め、さらに浄化作用により不要物を体外に排出する作用を期待して飲み続けています。


 半信半疑で始めた黒焼き玄米茶とゲルソン療法ですが、余命1年もないはずの私が、手術後2年3カ月後の今、こうして仕事もでき、制限はあるもののちゃんと生活できています。

 医師は、そんな話は迷信だと言います。

 医師は、西洋医学しか知りません。

 医師は、自分が学んだ西洋医学以外のものは、未開のジャングルに伝わるおまじないぐらいにしか思っていません。

 医師は、病院に雇われています。一銭にもならない食事療法など勧めるはずがありません。

 そんな医師という人たちを説得しようとか、理解してもらおうとか思わない方がいいです。労力と時間の無駄です。


 私たち「癌患者」には時間がないんです。そんなことをしている時間なんてありません。 お医者様には、お医者様にしていただきたいことをしていただき、していただきたくないことはきっぱりと拒否する。そして自分でするべきことは粛々と進めていく、そういう態度と決意が必要です。


私は今、黒焼き玄米茶とゲルソン療法のおかげで生きています

 

黒焼き玄米茶のサイト


にほんブログ村 すい臓がん
スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する