楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
1

また、そんなテレビドラマのような展開を

 緩和病棟に入った、その日、すぐにCTを撮りました。

そしてその夜、担当医に呼ばれ、妻と二人で先生の説明を聞くことになりました。前の病院のクマ先生はそういうことはほとんどやってくれませんでしたから、何だか当たり前のことなんですが、うれしかったです。担当医は女医さんなんです。んんんん…ペリカン先生にしましょう。いきなり、クスリで半分ボーとなった頭に「ペリカン」の四文字が浮かびました。理由はそれだけです。ハハハ…。

 

さて、CTの画像をスクリーンに写しだしながら、ペリカン先生の説明は始まりました。

小腸のあたりに空気がたくさんありました。詰まっている証拠なのだそうです。

それを見て「ハー」とため息が出ました。すると、ペリカン先生「ここから先はあまりいいお話しではありません。聞きたくないとおっしゃる方もたくさんいらっしゃいますので、橋本さん、どうなさいますか?」と、こっちを向いた。

「いや~、そんな今さら…どうぞ続けてください。」と、全部説明してほしい旨を伝えた。

 

ペリカン先生「では、始めます。」と説明を始めた。

「この部分が大腸に入っているステントです。ここの部分に空気があるのがわかりますか?」

橋本「はい」

ペリカン先生「ステントの端っこの、それも外側に空気があるということは、どういうことかわかりますか?」と、こっちに振られて、とっさに出た私の言葉は

「穴が空いている?」

ペリカン先生「ということになりますね。まだ確証はありませんが、その可能性が高いということです。」

「またかよ…今度は大腸が破れた?」と、ひとり言を言っていた。

ペリカン先生「そうすると、橋本さんのご希望の人工肛門をつくるということは、非常にリスキーになります。外科の先生にも見ていただいて、話をおうかがいすると、「これは非常に大変な手術になって、大腸から出てきた細菌などに犯されることもあり得る。」と

私「できない…。」

ペリカン先生「いや、外科の先生はできないとは言わないが、今ではないだろう」と、そういうお答えです。

私「穴の空いた大腸は、もうそのままなんですか?」

ペリカン先生「そうです。自然治癒力で戻る場合もありますから。それに完全に詰まっているわけではなくて、少しずつ流れていますから、対処の方法はあります。」

 

結構、長い時間、説明やら質問やら、いろいろあった。

「これが緩和か」と思うようなことは何一つなかった。ような気がする。

普通に病気の人を治す、そんな考えの話だった。

 

それにしても、次から次へと問題が出てくるものです。まるで昭和のテレビドラマのようです。

 

緩和ケア病棟に行くことに決めたのは、最後まで痛みや苦しさから逃げたかった。それだけです。なのに、次から次へとどんどん出てきます。とても、「緩和」のポスターにあるような穏やかな最後にはなりそうもありません。

ここのスタッフの皆さんは、穏やかです。動きもゆったりしています。言葉遣いも、ほかの病棟とは何となく違います。心も体も全力で患者の苦痛を取り除くために働いてくれています。本当に頭の下がる思いがします。

 

私がこれから心がけるのは、今、苦しいこと、今、つらいことを全部言って、それをスタッフの方々に取り除いていただく、そんなスタンスなんだと思いました。

 

ここは緩和病棟です。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

-1 Comments

says...""
いつも拝見しております。母も同じ病で闘病中です。
男性らしいストレートなブログのなかにお気持ちが溢れていて
胸がいっぱいになります。お人柄を勝手に想像しています。
苦痛が取り除けるようお祈りすることしかできませんが、
ブログ更新をいつも心待ちにしております。
2018.01.23 22:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。