FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
3

ここは緩和病棟です。

 先週の金曜日、あっという間の転院さわぎで、バタバタ、バタバタしながらやってきたのは「緩和ケア病棟」です。

いや~世の中から、もう完全に切り放されたような雰囲気のただようところです。

 

 まず、私は福祉タクシーなる、車椅子ごと運んでくれるタクシーに乗っていきます。妻は私とは別に、荷物などを積んで、自分の車で病院へ向かいます。

30分ぐらい揺られたでしょうか、やっと目的の病院につきました。最近、改修したそうで、私がずっと前に来たときの2倍ぐらいの広さになっていた感じがします。

総合窓口でいろいろ聞いて、とにかく自分の部屋へ連れて行ってもらことにしました。

最上階です。エレベーターのドアが開き、病棟へ入るドアが開き、そこに入った瞬間、もう別世界でした。

kanwa01

ちょっとしたビジネスホテルのような感じかな、カーペットが敷かれ、音は全然しません。病院の音がしないんです。部屋は差額なしの個室です。広いです。

部屋に入ると、すぐ妻も追い付いてきました。そして担当の看護師さんにあいさつをして、とにかく疲れているからと、着替えてベッドに横にならされました。

少し妻たちが話していたのを聞いているうちに、背中に痛みを感じました。動いたせいかもしれません。こんなとき用と、前の病院で痛み止めを1回分、私のポケットに入れてくれてありました。

痛みはどんどん強くなってきます。

「痛い、痛みが来ました。」看護師さんに伝えました。

「ちょっと待ってね」と、看護師さんは姿を消してしまいました。

すぐに、若い担当医の先生がさっきの看護師さんと一緒に来てくれました。

「初めまして、ごあいさつしてすぐになんなんですが、痛みがどんどんひどくなってきていまして、前の病院で持たせてくれた痛み止めを使わせていただけないでしょうか?」と言っている尻から、自分の顔色がどんどん変わっていくことに気がつきました。だめだ…もう我慢できない。

「いいですよ」と、担当医の先生はすぐ返事をくれました。

「ありがとうございます。」と、言いながらすぐ痛み止めを口にしました。舌下錠のアブストラルですから、水も必要ないのはありがたいですね。

いろいろ入院の説明やら書類やらのやり取りを妻がしています。

私は、、、、まだ痛みか引かない。引かないどころか、どんどん増していき、どうにもならなくなってしまいました。「ハー、ハー、ハー」と肩で息をし、汗がどんどん噴き出てきます。

「済みません。アブストラルが効きません。」と情け無い声で言うと、担当の先生が看護師さんに何やら指示を出してくれていました。

いやはや、来てすぐにこれです。

看護師さんが点滴を私のポートにつないでくれました。

「痛み止めです」と、私の顔をのぞき込みながら担当の看護師さんが言った。

「頼む、効いてくれ…」

30分かかって、痛みは引きました。うれしかったです。

私のドタバタの間に事務的なことはすべて終わっていて、周りには妻以外だれもいませんでした。

「静かすぎて、寂しいな」なんて言っていました。

ついに、来ました。私の最後の最後の場所です。

 

前の病院の騒がしい大部屋とは大違いです。新しいし、きれいだし、広いし、静かだし、眺望もいいし…

でも、どんなに納得していても、どんなに理解していても、ここから先はない。ここで終わりだというところに来ると、やはりビビります。

泣きそうになりながら、でも余計なことは言わないように、頑張ってくれた妻のためにも、口を滑らさないように気をつけました。

 

ここは緩和病棟です。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

-3 Comments

says...""
 橋本さん、いつも読ませていただいてます。
とても仕事のできる方なんだ、という分かりやすい文章で
父と同じ病気・・・。
痛みが和らぎますように、祈ります。
ブロク更新゙ありがとうございます。
2018.01.22 10:04 | URL | #- [edit]
りんご says...""
昨年よりブログ拝見しております。緩和へのお引越しお疲れ様でした。景色はいかがですか?痛みはいかがですか?私も、橋本さんの奥様と重なる部分があり、少しでも和らぐようなお気持ちになればと、言葉にして伝えたいのに、でもいざコメントにすると、よい言葉は見つからなくて。
すみません。こんな風ですが、見守ってます。
2018.01.22 09:28 | URL | #- [edit]
たいよう says...""
読んでいて勝手ながら涙がでてきました。どうか、痛みがやわらぎますように
2018.01.21 20:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。