FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

これが癌の怖さか

昨日、「これでゆったり、穏やかに残りのわずかな人生を送ることができそうです。」と書いたばかりなのに、またまた冗談のような事が起こってしまった。

腹がパンパンに膨らんで苦しくてたまらない。看護師さんに、訴えるも、皆さん言うことは同じで「痛み止め使いますか??」なのだ。
おかしいだろう?
食い過ぎみたいにパンパンになった腹に、痛み止めは…

あまりにもしつこく「胃にステント入れたのに、何、この腹」と聞き続けていると、午後になってCTを撮ってくれた。

結果を見て、クマ先生が言った。
「橋本さん、こりゃあ小腸も癌にやられているね。狭くなって詰まっているよ。」
嘘だろう…胃のときにわからなかったのかよ。胃のステント留置が成功して大喜びしていたぶん、余計腹が立ってきた。

その怒りを必死で抑えながら聞いた。
「先生、何か手はあるんでしょうか?」
クマ先生「人工肛門にするぐらいかな」
おっと、またまた出て来た人工肛門…

「とりあえず、様子見よう」と言って、クマ先生はさっていった。

次から次へと、人を絶望へ追い込みやがって
これが癌の怖さか。

【スマホより】

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。