FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

年末仕事納めのクマ先生との会話

年末、12月28日の夜、8時ごろのことです。

病室の自分のベッドのところで歯を磨き、すすぎに洗面台に行こうとしたとき、クマ先生がスッと来た。そして、こんな会話が…。

○クマ先生 橋本さん、どう?
●橋本 はい。
○クマ先生 どうする?
●橋本 ここの(喉を指差して)ことですか?
〇クマ先生 ん?
●橋本 ステントですか?
○クマ先生 え? そうじゃなくて、治療の…。
●橋本 はあ。
○クマ先生 意識がなくなるまでそうしているかってことでね。
●橋本 はあ?ここのステントの話かと思ったもんですから…。
○クマ先生 だから、このままだとね、意識がなくなるまで…ほら、最近の麻薬の量だってね、急激に上がっているし、貼っているシールの量からも、もう限界なんでね。
●橋本 はあ~。
○クマ先生 しっかり考えてもらわないと。意識を失うか、痛みを感じないかのせめぎ合いでね、難しいんだよ。
●橋本 痛みのほうはコントロールしていただいていると思うんですが。
○クマ先生 で、なに、今度は通じが出ないって?
●橋本 はい。1週間出てないです。
○クマ先生 アヘンチンキなんかは、もうやめているよね。
●橋本 はい。もうずっと飲んでないです。
○クマ先生 じゃあ、出す方の薬を出しておこうか。
●橋本 はい。


自分で顔色が変わっていくのがわかった。
何があったんだよ?
なんで、こんな年末の仕事納めで、人もいなくなって心細い病院で、それも夜の8時に、こんなことを言われないといけないんだろう?
きっと今夜は眠れないだろうな…。

自分の死について、それを本当に今決めろ、と言われている。

どうしよう、どうしよう

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。