FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
1

そろそろ最後の入院か

今、食事ができない。

食べられるものはシュークリーム、アイスクリーム、クッキー類、ウイダーインゼリーぐらい。飲み物もドロッとしたものは、もう喉につかえて飲めなくなってきてしまった。

 

 じりじりと弱っていくというのは、精神的によくないですね。

これから俺はどうなるんだ?と考えてしまう。そすると必然的にどう死ぬということを考えてしまって、だんだんその瞬間の苦しみとか、痛みとかそんなところまで考えてしまう。毎日、毎日、暗くなると、そんなことを考えてしまう。…頭がおかしくなってしまう。

特に、少し息苦しくなったり、過呼吸のような状態になると、必ず「ああ、これで死ぬのか?」とものすごい恐怖心におそわれてしまう。情けない…。覚悟していたはずなのに、その時が近づいてくると、こんなにも臆病で、情けなくて、ビビリオヤジになってしまう。

 

 来週は通院日です。このまま家にいても、そろそろ動けなくなりそうです。

再度、いや、最後の入院も考えないと、妻に迷惑をかけてしまいそうです。

 

「楽に死にたい」…それしか頭に残らなくなってきてしまった。

まいったね。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

-1 Comments

まい says...""
私の父が1日に膵臓癌だと診断されました。父は73歳。
治療は薬で、延命はしないと良くわからないことを言います。
家族も眠れぬ日々を過ごしています。

ブログこれからも読ませていただきます。
頑張ってくださいなんて簡単には言えませんが、痛みや不安が少しでも消えますように。
2017.11.05 22:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。