FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
1

退院はしたが、つらくて何もできない

 妻との穏やかな時間を過ごしたくて、仕事の引き継ぎや妻の困っていることを教えようと戻ってきたものの、体かつくらて家でただグタグタとしているだけの3日間となってしまった。

今朝も、起きてはきたんだが、例のごとく「すまん…今日も休ませてもらうよ」だった。

 

私の今の状況は、固形物がほとんど詰まってしまって喉を通らない、何かを食べると腹か痛くなるなど、食べることがどんどん困難になっている。でも、体調としては抗がん剤「ジェムザール+アブラキサン」の副作用も治療後5日間たち、楽にはなってきている。ただし手足のしびれは、今が最高潮で、もうこのキーボードを打つのも大変。

 

 食べることが今の私の寿命を左右しそうなので、もうちょっと触れておくと、この3日間の食事はこんな感じです。

朝食 クロワッサン1個 甘いカフェオレ1杯 柿を薄く薄く切ったもの8分の1個ぐらい(250キロカロリーぐらいかな?)

昼食 クロワッサン1個 野菜ジュース1杯 ウィダーインゼリー1個 柿を薄く薄く切ったもの8分の1個ぐらい(400キロカロリーぐらいかな?)

夕食 中華風おかゆ1杯 ぶどう5~6粒 ウィダーインゼリー1個(450キロカロリーぐらいかな?)

crowssan01

1日合計1000~1100キロカロリー取れているかな?そんな感じです。成人男性の必要摂取量の半分ぐらいしかとれません。これ以外にも口の中に入れると溶けるチョコやクッキーを1つでも、2つでも口に入れるようにしています。入院中、点滴で少しは戻した体力がまた減り続け、何日いけるかですね。

 

これは経験しないとわからないと思うんですが、ガンになって、こんなに自分は死ぬんだ、もうだめなんだと「絶望」したのは初めてです。あんなに大手術を受けたときも、その後胆管が詰まって高熱を出して入院したときも、その後大腸がガンに浸潤されて詰まってしまい、ステント挿入したときも、そして体力が無くなって入院した前回の入院時も、こんな絶望感はなかった。

自分で食べられなくなっていくことというのは、こんなにも絶望することなんです。「もう無理なんだ…」と、観念してしまう、そんな感じなのかもしれない。

そして、ただただ、苦しまないで死にたいと思うようになってきました。

 

本当は、抗がん剤治療をして1週間ほどして副作用が楽になってから退院しようと思っていたんです。

ところが、退院する3日ほど前から隣のベッドに運ばれてきたおっさんが、何の病気か知りませんが、余りに根性がなく、

「ヒィ~、ヒィ~、フ~フ~」と、辛さを大きな声で、ずっと…起きている間じゅう、言い続けるんです。そしてやたらとナースコールを押して、看護師を呼び付ける。ガタガタ、ガタガタとその間騒ぐ。そんなものをずっと聴き続けていると頭がおかしくなりそうになります。「もう嫌だ」と、こっちも、そのおかげで眠れなくなって、イライラして、どうにもならなくなって、早く退院してしまったわけです。私も心の余裕がもうなくなっているんですね。

その結果が、今の状態です。

 

ふと思うようになったんですが、自分が膵臓がんを告知されたとき、「ナノナイフ」治療を知っていて、その治療が可能な状態だったら、1回200万円の治療でも、受けてみたかった、なんてね。ナノナイフの治療の条件なんかを読んでみると、私なんてぴったしなんですよ。もしうまくいけば、すい臓を取らなくて済んだ、十二指腸も残った、胃も取られずに済んだ。

やっぱり内臓は取っちゃいけないです。後がものすごくつらいです。「死んだ方がまし」と本当に言いたいぐらいつらいです。医者は「大丈夫、大丈夫、薬で何とかなりますから」と言います。そりゃあどんなに苦しくても、つらくても、患者がただ生きていれば、医者はそれでいいんです。患者に与えたつらさ、苦しさは、彼らの成績には関係しません。ただ、手術の大きさ、回数、生きているか、死んだかだけしか関係ないんだから。そして、一番は医者は痛みやつらさは感じないように生きているんです。そんなものいちいち感じていたら商売にならないもんね。いやいや医者に当たっても仕方ないよね。それか限界だもん。

 

 もし、手術前の方がこれを読んでおられるなら、できる限り内臓は、本当に少しでも多く残すように交渉してください。そのためにガンが少し残って短命になったとしても、生きている間のつらさから言えば内蔵が残っている方が楽です。

内臓は残そう!

話がやたらとあっちこっちに言っちゃいました。とりあえず、退院の報告です。

 

明日こそは、出勤しますよ。

ちょっとでも、まだ人の役に立てるんだと、自分で思いたいから。

 

【自宅よりパソコンにて】

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

-1 Comments

bin-0314 says...""
お辛いなか、ブログ更新ありがとうございます

食べたくても食べられない
とても辛いと思います

>人の役に立てる
お気持ちお察しします

けれど、十分ご存知とは思いますが
奥様にとっては
いてくれる ことがとても大きなことだと思います

どうぞくれぐれもご自愛ください

2017.10.17 23:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。