FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

真夜中の過呼吸?

 自覚したのは2日前だった。
夜中に何回か目が覚める。そのこと自体は最初の手術の後からずっと続いているらことなんだが、今回は息苦しくて目が覚めてしまう?
それとも、目が覚めてしまってから息苦しくなるのか、とにかく、「はーはー、はーはー」とだんだん息が早くなっていく。そして
横になっていられなくて、体を起こすと、不思議なことに、その息苦しさは消えてくれる。

起き上がって、「これは過呼吸かも?」と思って、ゆっくり鼻で息をして、落ち着くまでベッドの上でじっとしていた。

もう大丈夫だろうと思って、横になって目をつぶると、少しずつ息苦しさが出てきて、5分もたたないうちに、また体を起こす。そしてゆっくり鼻で呼吸の繰り返し。

体の向きをいろいろ変えてみたり、詰まっている片方の鼻にティッシュを突っ込んで、グリグリ、グリグリ、少しでも息が楽になるかも、とやってみる。すると当たり前だが、クシャミが出る。もう時間は朝方だ。周りの患者に迷惑なのはわかっているが、何とかしなければ眠れない。

すると、巡回の看護師が回ってきたので、
「息が苦しくて起きてしまいました。」と、ヒソヒソ話でうったえた。

「また、そんな状況が起きたらしい教えて下さい。」と言って、行ってしまった。
巡回の看護師の対応としては仕方ないよね。

結局、うつらうつらしながら、朝になった。

参ったな~退院したいのに、何が原因何だろう?
精神的なものかもしれないな

【スマホにて】

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。