楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

ガマンしないは、意外に難しい

 今回の入院でも看護師さんから何度も注意というか、アドバイスいただいたのは
「痛みはガマンしないでくださいね。」だった。

 私のような昭和世代は、ガマンは美徳で、ガマンできる子は強い子、ガマンできる子は良い子だった。
それは、自分の欲望のガマン、体の痛みのガマン、心の痛みのガマン、いろんなガマンがあったが、とにかくガマンすると
「よ~し、えらかったぞ。」とほめられた。

ところが、ここ病院では「痛み」は、ガマンしないで、すぐ痛み止めを使いましょうと、教えられた。
「な~んだ、ガマンしなくていいんだ。」と簡単に思うでしょ。
ところが、これが意外に難しいんです。

ナースコールを押して、
「すみません。痛み止めをお願いします。」と言ったときには、もうかなりガマンしているらしく
看護師さんが来たときには、いつも
「そんなにガマンして…」と言われてしまう。
きっと、私の顔は痛みにゆがんでいるんでしょうね。ハハハ…情けない。

意外にガマンしないというのは、難しい。

【スマホにて】



スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。