楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

俺のエネルギーも捨てたもんじゃない

 昨日、昼休み時間に妻が病院に来てくれて、一緒に飯を食った。妻は弁当持ちだ。

 そんなにしゃべる妻じゃないので、会話が弾むわけでもない。まあ、大部屋だからでかい声あげてしゃべるわけにもいかないしね。
 仕事のことをポツリポツリと話す程度だ。でもうれしいものです。
 いつだったか、看護師が気をつかって、妻に
「橋本さんの娘さんですか?」なーんて言うものだから、喜ぶ喜ぶ…。今でも何かあるたびにその話が出る。

 そんな俺にとっては楽しい時間に寒気がしてきた。厚手のパジャマに着替えて、上はジャージまで着込んだが寒い。
これまずいかな?

 
 夕方の検温で、何と看護師もビックリ

39.4℃


うそだろう、そんな熱、大人になってから出したことがない。新記録だ!
どうりでフラフラするはずだ。

解熱剤でも点滴に入れてくれるのかな?と期待していると、看護師が二人来て、
「橋本さん、ごめんねー、培養用の採血、2カ所からだって」とのこと

えっ?だって今朝、採血したよと言うと


「今度は、培養用なの」と二人がかりでやられた。
予想どおり、看護師の一人は新人で、失敗…
「引けない」とか言って、針をグリグリ動かす。
痛え、そのグリグリが痛いんだよ。

そして解熱剤と抗生剤を入れて、何とか横になった。消灯時間はかなりオーバーしてしまった。横になって思った。
「俺にもまだこんな高熱を出せるエネルギーがあるんだ。」なんてね。

おやすみ

【スマホにて】
スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。