楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

CTの結果

 朝、クマ先生が来た。

「橋本さん、CTね、見たけどね」

おっと、何か腹痛の原因となるものが見つかったか、と

「何かありましたか?」と相づちを打つと

「何もそれらしきものがないんだよ」と先生

「それじゃあ…あの痛みはなんなんでしょう?」と食い下がると

「下痢のときの痛みか、その辺にあったガンの痛みかなー」とあいまいな返事

「そうですか…」と元気なく答えると

かわいそうに思ってくれたんですかね
クマ先生「ガンの痛み止めの飲み薬、増やそうか」だって

いや、そういう問題ではなくて、原因不明の腹痛の解決というか、その前の段階の話なんだが…

「薬は今の量で結構です。ありがとうございます。」と丁寧にお断りした。

自分の痛みを他人にわかってもらうのは非常に難しい。
他人の痛みを理解することは、もっと難しいんだろうと思った。

痛みの解決は自分でやるぞー
だって痛いのはオレなんだから

とりあえず、看護師さんと相談して麻薬下痢止めアヘンチンキの飲む回数を減らしてみることにした。

【スマホにて】

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する