楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
1

朝の腹痛が続く

3日前の7時過ぎ、左下腹が痛くなって寝ていられなくなった。

トイレに行って、踏ん張ってみたが、何も出ない。痛みはどんどんひどくなり、脂汗が出てきた。

トイレから出てベッドで腹を押さえて横になっていると、朝の検温に来た看護師が、「お腹痛い?」と聞いてくれた。
「痛え」と言うと

よほど痛そうに見えたのか
「痛み止め使いましょうか」と看護師さん

腹痛に効く痛み止めがあることも知らなかった。
「お願いします。」とお願いした。

点滴の横から痛み止めの注射した。

5分ほどで痛みは引いた。
ありがたかった。

こんなことが3日間続いている。
腹の中で何が起こっているんだろう?
知りたいけど、知りたくない。

【スマホにて】

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

-1 Comments

says...""
痛みは体力も精神力もそがれますよね。
私はガンと比べるのは呑気で怒られるかも知れませんが、過敏性腸症候群でして、痛みがひどくなると動けなくなるので、外出が怖いです。
一度は駅のトイレから出られず終電を逃したことも…
痛みが軽くなるのなら痛み止めを使い、どうかどうか無理はされないでくださいね。
2017.09.18 22:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。