楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

食べられることに感謝しておきましょうね

 飲み込むと、胸がつかえたようになって、しゃっくりが出てきて、その後すごい吐き気がします。この兆候は、前回入院したときに起こりました。毎度毎度、しゃっくりが出るわけではないので、「喉につっかえたんだ。」ぐらいに思っていたんです。

 あれから1.5カ月、その「しゃっくり」症状の頻度が増してきました。もう固いものだとか、飲み込むときによくかんで細かくしてからとか、そんな状態ではなくて、これは何か原因があって、それは癌なのか、それとも抗ガン剤なのかわかりませんが、何かある。確信しました。

 

前回の通院日に、クマ先生にそんな話を何となくしたら、かる~く

「抗ガン剤治療の副作用にしゃっくりが出るというのがあるんだよ。しゃっくり止めとかいう薬もあるんだよね~」でという世間話で流されてしまった。

 

でも、今ではおかゆまで胸につかえる感じで、昨日は一口入れてはトイレに駆け込み、10分も出てこれなくて、吐きそうになってトイレに駆け込み、それでも吐けなくて、気分ばかり悪い。結局、トイレから出てきても、何も吐いていないので、その苦しさだけが残ります。そして、何か食べなくてはいけないと、また一口おかゆを飲み込もうとすると、ググッと苦しくなってしまい、トイレに駆け込む状態でした。結局、夕食は何ひとつ食べられませんでした。

 

食べられないこは、こんなにつらいことなんですね。私もずっと前には、塩分を禁止され、ラーメンが食いたいの、肉も禁止され、焼き肉が食いたいのと、いろいろダダをこねていましたが、今はそんな美味しいものを食べたいとか、まずいものは食べたくないとか、もうそんな次元の話ではなくて、生きるために何でもいいから口に入れて、もぐもぐ噛んで、ごっくんと喉を通して胃に入れたい。胃に入れれば消化されて体力がつく、生きていける。

 

 本当に物が食べられないということは、当たり前ですが、動物では死を意味します。人間だって動物です。

 皆さん、食べられるときに感謝して食べましょう。そして楽しんで食べましょう。

 

 夕べ妻に言いました。

「もし、この状況が続いたら、入院するよ」と

 

この先、短い人生だと思いますが、楽に行きたいですよね。苦しんで苦しんで、つらい思いばかりで死ぬのは嫌ですよね。

 今週の通院日に先生に相談します。そのとき入院しかなければ、また入院です。

そして、今度こそ、本当に帰ってこれないかもしれませんね。

 

一時は、抗ガン剤治療を拒否し、それなりに暮らしていたのに、いつの間にか、こんな抗ガン剤治療をしていて、そしてじりじりと体力も気力も奪われ、自分に対する尊厳さえも失っていきそうです。

 

結局、私は癌に殺されるんでしょうか? それとも抗ガン剤にジリジリと兵粮攻めで殺されるんでしょうか?

「コロッと死ねれば、どんなに楽だろう」

そう思うこのごろです。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Trackbacks

trackbackURL:http://tanoshikuikirublog.blog.fc2.com/tb.php/237-a34d03b1