楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

何かうれしい、クマ先生の表情でした

 本日は、通院日でした。

 

朝から天気もよく、こんな天気のいい日に病院かよ~みたいな雰囲気で病院の駐車場に到着、いつものように待合室で待っていると、名前を呼ばれ、診察室に入る。

 

そして、またいつものようにクマ先生

「どう、調子は?」とパソコンの方を向いたまま聞かれる。

「調子いいですよ」と答えると、先生にしては意外な返事だったのか、「エッ!」という感じでこっちを向いて話を続けた。

「むくみは、ない?」

私「はい、入院以来すっかりなくなりました。」と言いつつ、足を見せると

「本当だ、きれいなもんじゅん」と、先生ご機嫌、さらに

「橋本さん、昼間はどうしているの? 前みたいに一人で家にいるの?」と先生

私「いえいえ、ちゃんと仕事に行っていますよ」と答えると、これまた意外な返事だったのか、びっくりしたような表情で

「え~~仕事に行ってんの~すごいじゃん」とほめてくれた。

私「いえいえ、行ったところで何もできないんですけど、家に一人でいるより安全でしょう」と謙そんを含めて答えると。

「ハハハ…なるほどね~じゃあ、今日は予定どおり、抗ガン剤治療をしていきましょう。準備させます。」と、何だかご機嫌でした。

 

まあ、退院するときに先生言っていました。

「橋本さん、このまま退院しても何だか危ない気配がプンブンするんだよね~」と

実は、私も半分そんなふうに思っていました。せっかく退院しても、すぐまた入院というはめにならないか?なんてね。

でも、このベテラン大先生が見ても、私の元気ぶりはとても異常なようです。

 

毎日、生きているのは結構大変で、苦しいです。

でも、こんな先生の表情で、なんか嬉しくなってしまいました。

さ~て、これから仕事に行きます。!

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する