楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
0

大部屋病室の猛者たち

 入院して1週たってくると、やはり周りが気になります。

大部屋は4人部屋、廊下側と窓側、入り口から入って右側と左がわに分かれます。

 

(私の入った4人部屋 お名前は仮名です)

room01

 私の向いのベッドはどんどん病人が入りかわり、たった1週間で3人が入れかわりました。なので、ほとんど正体がわからずじまいの方ばかり。

 

 私の隣のベッド、上松さんは、お見舞の方、看護師さん、リハビリのお嬢さん、先生などとの会話から察すると、年は84歳にもうすぐなる。なのに、2年半前にすい臓がん、それも膵頭部の癌で全摘出、胆のう摘出、ひ臓摘出、胃の一部切除などなど、81~82歳のころに私とほとんど同じ手術をして、今もかなり元気にしておられるんです。私がこんなに毎日苦しんでいるのに、あの年齢で大丈夫なのか?とびっくりしてしまいました。いや~この方、すごく気になりました。

 

 そして、私のベッドの斜め前の方、武井田さん、年齢はこの方も84歳で、どこの癌かはわかりませんが、ここは消化器外科ですから、消化器の癌でしょうが、ほとんど寝たきりに近い状態。ベッドを起こすのも食事も看護師の介助が必要なおじいさんです。

ですが、その方、何と副作用最強のFOLFIRINOX(フォルフィリノックス)を投与されているようです。4日間、24時間、ずっと点滴しっぱなしでした。

 彼のところに内科医が来て

「どうですか?具合は」と聞くと

「まあまあです」と答える

「苦しくはないですか?」と医師が再び聞いても

「余り変わりはないです」と平然と答える。

 人によって副作用の出方の違いがあるというが、本当なのかもしれない。

 

 え~、それにしても、この病院、高齢ではやらないような手術や副作用の強い抗ガン剤も使うの??とびっくり

 しかし、お二人とも意外に元気です。

 

これは、自分のこれからの方向に参考になるお二人かなと注目していました。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。