FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

やっと退院してきました

 7月17日「海の日」に退院してきました。

入院したのが、6月29日ですから、計18日間の入院でした。

「死んだ」と思った?…いやいや、そんなに簡単に死んでたまりますかよ、、、ハハハ!

 

まずは入院の前半についてご報告します。

 

原因ですが、とにかく体力がなくなってしまい。会社にも行けなくなった。仕方ないので、妻は仕事に行かせ、私は家で一人で少し静養しようと思った。

しかし、結局、家に一人でいることすらできなくなってしまった。つまり、食事も用意できない、食事が用意してあっても、つらくて口にできない。それで低血糖になっていき、倒れてしまってケガをするなどのこともあった。

それで一旦、病院で点滴などで栄養補給しつつ、何とか自活できるようにと、先生にその旨を伝えた。

クマ先生は、二つ返事で入院を許可してくれ、病室の用意をしてくれた。

 

まずは、ひどい下痢を何とかしようということで、食事は手術後のような「おもゆ」から始まった。

そしてブドウ糖などの点滴で栄養補給をした。

 

私は、とにかく病院のベッドの上で安心してゴロンと寝ていられるのが本当に心強かった。

精神的にもかなり追い込まれていたようで、頭がスーとしていくような気持ちがした。

とにかく、よく寝た。グー、グゥ~と寝てばかりいた。

 

そして2日たつと、体に異常が出てきた。

ふと手を見たら、「パンパン」に腫れ上がっていた。それも左腕の方がひどい。ウソ~??と、なにげに足を見たら、びっくり、もう相撲取りというか、赤ちゃんというか、丸々なんですよ。これが 「むくみ」というやつなんですね。初めてなりました。

体重を測ってみたら、45㎏、まさか2日で3㎏も太りました。というか、3㎏むくみましたというのが本当です。

(パンパンにむくんだ、赤ちゃんのようなアンヨ? ↓)

mokumi_asi01

(退院時の足↓)

mokumi_asi03

 

 

(横から見ると、こんなにパンパンの足? ↓)

mushitaoru02

(退院時の足を横から見ると、こんな感じです。↓)

mokumi_asi04

この足にびっくりして、「ウワ~」と、すぐに看護師さんに報告。

すると、クマ先生が来て、即

利尿剤を点滴の横から朝夕2回の注射

そしてアルブミンという点滴を処置してくれた。

 

体調は、2日間、栄養の点滴をして、ただゆっくり寝る、そして抗ガン剤はこれで1カ月投与していないことになるので、かなり良くなっていたわけです。

どんどん元気を取り戻しつつありました。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。