楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

抗ガン剤を1回パスしたら、少し元気になりました

 抗ガン剤治療でくたばってきて、ついに1回パスしてしまった「アブラキサン+ジェムザール」治療

 

さて、その効果というか、影響なんですが、やはり抗ガン剤は体力と気力を奪うというのがはっきりしました。1回パスした結果、翌日からちゃんと仕事にも出ていますし、今日もこうして出社しています。2週間ちゃんと暮らすことができました。

 

 よくネットでも言われている言葉ですけれども、「抗ガン剤に殺される」というのは、ある面では正しいのでしょうね。

私の場合も、すい臓がんの手術後退院して、「ジェムザール」だけの治療のときは、まだまだ体力もあったんでしょうね。全然平気でしたし、黒焼き玄米茶のおかげなのか、治療に行くと周りの患者さんたちより、やたら顔色もよく、元気に見えたそうです。

 

 それから抗ガン剤は進み、進むという言い方しか思いつかないんですが、段階を踏んでいき

「ジェムザール+TS-1」になり、どうもTS-1が体質に合わないのか、かなり苦しみました。それでもゲルソン療法や黒焼き玄米茶のおかげで、癌マーカーの値は検査ごとに下がっていきました。そしてついに、3種類の癌マーカーのうちの1つが正常値にまで下がってくれたんです。

もう少しだ。なんて思っていましたが、その後、何が原因なんでしょう?あれだけ劇的に効いてくれたゲルソン療法+黒焼き玄米茶療法がピタッととまった感じで、ジリジリ、ジリジリと癌マーカーの数値が上がり出しました。

 

するとクマ先生曰く

「効果なし」とカルテに書いて、そして今の「アブラキサン+ジェムザール」です。

私たち夫婦も、ゲルソン療法が効かなくなったので、話題になっていた「低糖制限法+黒焼き玄米茶」に切りかえました。

 

しかし、抗ガン剤の段階を踏んでいくごとに、どんどん体力を奪われていく気がします。

当たり前と言えば当たり前ですよね、どんどん癌に対して強い薬(毒という人もいますが)は、私たちの体にとっても強い薬ですから、どんどん体は弱まっていきます。そしてついに抗ガン剤に耐えられなくなって、終わってしまう、という結果です。

 

さて、これで1カ月間、私の体には抗ガン剤が入っていない状態で、少しは体力は回復したんでしょうね。

どうするかな~?

 

これから「アブラキサン+ジェムザール」をまた打ちつづけるのか、それとももうやめてしまうのか、あるいはクマ先生が大好きな、さらに強力な「フォルフィリノックス」による治療というのも選択肢としてはあるようです。

 

よくよく考えてみます。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。