楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

アブラキサン1回パスしてしまった

 今回の通院日は、例の「低血糖事件」の翌日だった。

病院に行き、看護師に呼ばれて採血するときも、パンダのように真っ黒になった右眼の周りと、4針も縫った目の上の傷を見て

「どうしたの? その顔…ぶつけた?」と聞かれ

問診に呼ばれた看護師さんにも

「橋本さん…殴られた?」と笑われ

クマ先生にも

「いや~ひどいことになっちゃったね~」と同情された。

 

同情するなら「アブラキサン」をパスさせろ

 

と、ばかりに「先生…今回は、1回パスさせてください。」と頼んだ。

さすがのクマ先生も、今回は快く、アブラキサン1回パスを認めてくれた。

そして先生いわく

「橋本さんさ~一人で家にいられないようだったら、入院するかい? ちょっと入院して点滴打って、体力つけようか?」

そのときは、私も本当にそれがいいのかもしれないな~と思った。

ひょっとして、今度入院したら、もう自宅には戻ってこれないかもしれない。そんな思いもあったんだが、、、それもいいかななんて。

だって、そのたびに、低血糖でえらい目に遭って、妻はそのたびに心配したり、後始末に追われている。

 

「少し様子を見ながら、だめだったら入院するか」

そんな曖昧模糊とした結論を出して、今、何とか会社に出てきています。

会社に出てこれるうちは、周りの目がありますから、ひとりで低血糖地獄に落ちることもない。

 

それにしても、いろいろ起こりますね~

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。