楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

知っているけど、気になる「癌の記事」

 パソコンでネット検索していたら、ヤフーニュースに下記の記事が出ていました。読まれた方も多いと思います。

 

「<膵臓がん患者>離職率2倍 体力低下や副作用影響」

 

表題を見た瞬間「ヤッパな~そうなんだよな~」と思いました。

知ってはいるけど、記事が気になる。読みたくないけど、気になる。

膵がんの患者さんや家族の方は、そんな感じじゃないかと思うんです。

もう嫌と言うほど、すい臓がんの悪質さは知っていますもんね。

 

記事によると、

すい臓がんの人の離職率は、23%

すい臓がん以外の癌の人の離職率は、12%と、約倍の人が離職してしまっているそうです。

離職の原因は、「体力の低下」「薬物療法に伴う副作用」が多かったということでした。

自分の今の痩せ細った体と、100メートルも歩けない体力のなさを振り返って、納得でした。

 

さらに、記事は進みます。

5年生存率は、

胃がんが約65%

乳がんが約92%に対して

すい臓がんは、何と7.7%と、一桁違うんじゃない?と思うほど低いそうです。

でも、こんなこと皆さん知っていますよね。。。。

 

私は、自営業のような仕事をしているので、会社をクビにはなりません。ありがたいことです。

もし、私が中小企業のサラリーマンだったら、恐らく解雇されているでしょう。

そして治療費も払えなくなり、経済苦に陥ってしまいます。

家族も…。

 

やっぱり、サボらないでちゃんと働こうと、心の底から思いました。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。