楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

数カ月ぶりの「米」の味

 朝、起きたら、妻が納期が近いので、一人で仕事に行くという…土曜日だというのに?

まあ、働いてくれるんだし、休みぐらい俺から離れたいんだろうと思い、

「ご苦労さま」と送り出した。

 

さて、昼食の時間になった。

妻は、アジの開きが買ってあるからと言っていたが、今日でアブラキサンを打って3日目、そろそろ体がきつくなってきた。とてもアジを焼いて、しっかりご飯の用意をして食べる元気が出ない。簡単に済ませたい。

 

そうだ、レトルトカレーの買い置きがあった。

それに、まずくて食えなくて残っていた低糖質のラーメンの麺もあったな~。ラーメンか…となれば、カレーじゃなくて、チャーハンだよ!

無性にラーメン・チャーハンセットが食いたくなった。

糖質制限食をやり始めてずっと炭水化物の米やパンのある生活から遠ざかっていた。

米が食えるのは、何ヶ月ぶりだろう?そう思うと

 

体のつらさが吹っ飛ぶような気がした。

 

ネギと卵以外、何にも入っていない素チャーハンができた。

chahan01

(画像はイメージです)

 

低糖質をうたったニセラーメンの麺に、買い置きしてあった味噌ラーメン用のスープを入れただけの素ラーメンもできた。

suramen01

たったこれだけの昼食メニュー、でも嬉しかった。

一口、チャーハンを口に入れた。

うまい!

ラーメンのスープを一口、、、、うまい!

 

俺は本当に日本人に生まれてよかったと思った。

胃も3分の1切られ、大腸も詰まっている今の体、食べたいという食欲に消化器がついていけない。すぐ、腹が苦しくなってしまう。そして痛くて、痛くて、グッと我慢しなければならない。

それでも、食べたいのだから…不思議なものだ。

 

苦しい、痛い、苦しいといいながら、結局一粒残らず全部食べてしまった。

完全に胃腸の許容量オーバーでした。

 

でも、うまかった。涙が出るぐらいうまかった。

 

チャーハンひとつで、動けなかった体が動いた。

勝手な物だと言われるに違いない。でも、人間なんてそんなものかもしれない。病気なんてそんなものかもしれない。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。