楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

これが「アブラキサン」+「ジェムザール」の関節痛かよ

 「アブラキサン」+「ジェムザール」、今回で4回目になると思うんですが、その投与後、4日目から「あれ?」と思う症状が出てきました。

和室の座椅子に座ってテレビを見ている。そこから何かしようとして立ち上がるときに、ひざに痛みを感じるんです。「イテッ…」って感じです。前回までの「アブラキサン」+「ジェムザール」ではほとんど気にならなかったんです。

これが「アブラキサン」の関節痛というやつなんだと思いました。でも、さほどでもなかったんです。

 

ところが、その夜

夜中の2時に目が覚めてしまいました。

「痛い…」

ひざの関節、そしてひざから太ももにかけての筋肉痛でした。

1時間辛抱しましたが、我慢できず、

寝たいという欲求から、半分残しておいた睡眠導入剤を飲みました。

 

でも、全然だめ…結局、朝まで

「痛い、痛い…」で過ごしてしまいました。

 

いや~こんなに、アブラキサンノ関節痛がつらいものだとは思わなかったです。

主治医のクマ先生も、「関節痛と手足のしびれはちょっとあるけどね、何回か打っているうちに出てくるみたいだよ」なんて言っていましたが、ホントこれは困った。

立ち上がるときに痛みが走り、立ち上がることができない。

さらに時間の経過とともに、何もしないのにチリチリ、チリチリと痛むようになり、さらに状態は悪化

loxoprofen01

しかも、この痛み、クマ先生に処方してもらっているロキソプロフェンとトラマールODでも、この痛みにほとんど効かない。

toramal01

何度も書いていますが、

「痛みは心を弱くします」

会社、また休んでしまいました。

 

ネットでちらちら見てみると、ほかにもいろいろ痛み止めはあるようなので、次回の通院日に、クマ先生に相談です。

 

「いてぇ~よ」とガキのように、叫びたい!

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。