楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

ストレス解消の道具になってしまった

今日は月曜日、

先週の金曜日のことでした。

やっとのことで仕事が終わり、帰宅

1週間が終わった。何とか仕事も少しはやれた。

夕食を終えて、ホッとしていたとき

 

妻からの攻撃が始まった。

「私を見ていると、イライラするの?」

 

また始まった。。。。。

人がせっかくホッとしているのに、台無しだ。

妻は続ける

「どうして、私のことをそんなにイライラして見るの?」

 

当然だが、私には、そんなつもりはもうとうない。

だが、黙っていると、妻はどんどん自分の言葉に酔いしれていく。もう悲劇のヒロインになっていく。どんどん、どんどん責めてくる。

何度も何度もこんなことがあった。じっと我慢するしかない。

こんな病気になってしまった俺が悪いんだ。何を言われても仕方がない。

 

30分たった。まだ腹の虫がおさまらないのか、妻の言葉はエスカレートしていく。

言葉の一つずつは回りくどい、柔らかい言い方をしようとしているが、言っていることは氷の刃のように、俺の心に突き刺さる。

「だから、どうしろというんだよ」と、思わず声が出てしまった。俺の負けだ。

ここで一言発してしまうと、妻の攻撃はまた30分は続く。

妻は、泣きながら叫びだした。

 

もう何を言っても無駄だ。聞く耳なんか初めから持っていない。ただ、俺をぶちのめしてやりたい、こてんぱんにしてやりたい、力でねじ伏せてやりたい。彼女を見ていると、子どものころからの男に対する積年の恨みを、私にぶつけているとしか思えない。

また、早く死にたいと思った。

 

だが、恐らく、妻は次の日にはケロッとして機嫌がいいんだ。いつもそうだ。

そりゃ~すっきりするだろう、

人を死にたいとまで思うぐらい、言葉でぶちのめしたんだから、ストレスなんか吹っ飛ぶに違いない。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。