楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

午前中の疲労感がハンパない、原因は?

 昨日は仕事を休んでしまった。

朝、何とか起きて、リビングに降りてきた。

全身に力が入らない。しゃがみ込んでしまうと、立ち上がるだけなのに非常な精神的な力が必要になる。

「よ~し、よし、いくぞ~」と、ただしゃがみ込んだ姿勢から立ち上がるのに、それだけの決意が必要になってしまう。

何なんだろう、この信じられない疲労感は?

 

抗ガン剤の副作用じゃねえ? と思うでしょう。

しかし、アブラキサン+ジェムザールを前回打ってから10日たつんですよ。前々回、その前の経験から、1週間は体がきついと感じていたんですが、その後の1週間は、かなり体も楽になっていたはずなんです。

あっ、そうそう、私の通っている病院は、一般的な1クール3週続けて打って1週休みという形ではなくて、2週間に1回打つんです。ちょっと変則的な治療です。

それに、副作用という点だけ考えれば、病院の抗ガン剤治療の待合室の皆さんを見ていると、どうも私が一番元気のように見えます。アブラキサンで、ツルツルの頭をしている人は、もう本当に苦しそうですし、TS-1を飲んでいる人は顔色が違うのですぐわかります。車椅子で通ってくる人もかなりいます。体質なんでしょうかね、それとも妻の勧めてくれた黒焼き玄米茶のおかげなのか、その点だけはありがたいなと思っています。

 

さて、じゃあ、この午前中の激しい疲労感は何なんだろう?

思いつくのは、やはり腸の問題です。

アヘンチンキで下痢を抑えると、私の場合、癌が浸潤した大腸で詰まり、七転八倒の苦しみを味合わなくてはならないので、どうしても下痢は仕方ない、詰まって腸閉そくで死ぬのなんてまっぴら御免だわ~的になってしまっています。すると、当然腸の中に食べたものがとどまって、消化される時間が減るわけで、栄養も吸収できないうちにどんどん出ていってしまう。結果、栄養失調気味の生活が続く…そんなシナリオなのかもしれません。

 

さらに、消化力が弱っているのに、「糖質制限」をして、油ものや消化の悪いものを食べ続けているのも問題なんでしょうね。でも、これについては妻が勧めていてくれて、何度か話をしたのですが、譲ってくれません。きっと、これが彼女の最後の希望みたいなところがあるのかもしれません。これがなくなると、何もしなくなります。何もしなくなれば、癌に浸潤された患者が普通にたどる道しか残されていません。残る私の寿命は1カ月か2カ月か?って感じです。それが嫌なのかな?

それとも、ゲルソン療法で「あれを食うな」、糖質制限で「これを食うな」と、食うなだらけの生活で、私をただイジメているだけ?のどちらかです。

まあ、私としては、前者のやさしい方だろうと考えたいですけど、、、、こればかりはわかりません。

 

もう少しこのまま頑張ってみようと思います。それでも、このフラフラ状態が続くようなら、妻と話し合って、「糖質制限」は一旦中止して、おかゆでも何でも消化のいいものを食べて、もう少し体力をつけないと。癌より私が先にやられてしまいますもんね。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。