楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

すい癌浸潤による腸閉そくで緊急入院④

【まだ毛があるね】

 

そういえば、前回の入院で大腸に「ステント設置」をして、ついでにじゃないですけど、「せっかく入院したんだから、やってみるか~」ぐらいの思いでやってみた「アブラキサン+ジェムザール」の後、やはり大腸がつまって、その日は仕事を休んで、それから体調がグッと落ちてしまって、ほとんど1週間仕事を休んでしまったことがありました。

結局、入院しようがしまいが、この症状のきついのが来てしまうと、ほぼ1週間はちゃんと生活できないということなんだと思いました。

入院したから、何か特別な処置をしたかというと、何もしないんです。ただ、ぶどう糖を点滴しているだけで、あとは「食うな」「飲むな」をある程度厳密に監視するというか、指導するだけなんですよね。

だったら、帰りたいですよね。

 

でも、妻の立場になると、今の私は家にいない方がいいに決まっています。

世話はかかるし、ゼエゼエ言っているようなオッサンが家のいるだけでうっとうしいでしょうし、会社に行ったって体調が悪いんだから、パートさん方にもいい顔なんてできない、勢い余計な一言も出てしまうというものです。

いるよりマイナスな今の自分の立場をよく理解しないといけないと思いました。

とにかく、いないよりましな状態になるまでは、しっかり療養だと決めました。

 

食事が進んだ

 3部がゆと卵のおかずが1品とかぼちゃの煮ものがついた。

 

asameshi03

(「3分がゆ」 になりました。)

 

asameahi02

(おかゆに米粒が見えるようになりました。)

 

そういえば、前回の入院のときは「おかゆ(並)」だったんですが、今回はずっと「おかゆ(小)」となっていました。最初の「おもゆ」のときだけかなと思っていたら、ずっと(小)のままでした。

きっと、前回の入院時、退院間際には、どんぶり一杯のおかゆとおかずが、胃を3分の1切除してしまった私には一気には食べきれずに残してしまったんです。それがちゃんと記録に残っていたんですね。なんか…複雑な心境でした。

 

検温のときのことでした。前回から顔見知りの看護師さんが、来て

「橋本さん、まだ毛があるもんね、前回アブラキサンやってから1カ月だから…ふつうはもうツルツルなんだけどね」だって

俺は、それを聞いて何と言っていいか、複雑な心境でしたが、そろそろ坊主頭からツルツル頭へ移行中で、それにも自分なりに慣れては来たんですけど。

atama01

(もともとが「ハゲおやじ」でしたから、これだけあると、あんまり周りは違和感がないんです?)

抗がん剤の副作用が軽く済んでいるのは、妻に勧められている「黒焼き玄米茶」のおかげなのでしょうか?私にはよくわかりませんが、妻はそう信じているようで、毎日コップ2杯程度飲んでいます。また、数カ月続けだした「糖質制限法」が少しでも効いてくれているのか、大腸の詰まりがなければ、抗がん剤の副作用だけなら、もっと元気にしていられるんだろうけど、そんなことを思っていました。

 

ここでまた内緒の話です。

食事がはじまり、おかゆまで出てきたんだから、消化のいいものなら食べてもいいんだ。と自分で解釈

で、売店でウィーダーインゼリーのような流動食らしきものを買って、どうしても空腹で我慢できないとき、食べちゃいました。

 

体調は少しずつ元気になってきました。元気というか、苦しさと痛みから解放されつつある。そんな感じです。体重はどんどん減って43.7キロまで落ちてしまいました。ぶどう糖だけでは人間はどんどん体力を失ってしまうんですね。やはり口からちゃんと食べないとだめなんですね。



スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。