楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

3回目の「アブラキサン+ジェムザール」の治療はパスしようと決めた

 2回目の抗ガン剤治療を行って、1回目より少しは慣れるかなと思ったんですが、とんでもない。甘かったですね。ジリジリ、ジリジリと痛みに負け、体力も弱っていく自分がはっきりわかります。

 体のだるさは、「ジェムザール+TS-1」のころよりは、少しましです。でも、TS-1は本当につらくなったら、自分で「飲まない」という選択もできるんですよね。ところが、強制的に点滴されてしまうと、もう体の中に入ってしまうわけですから、もうつらいからこの辺で勘弁してくれ~と言っても後の祭りです。そのことを考慮すると、「アブラキサン+ジェムザール」の方が、だるさについても厳しいという評価になります。

 それに、この関節などの節々の痛みが本当につらいです。寝ていても、痛くて何回も目が覚めてしまいます。その都度、痛み止めを飲んだりしてごまかしています。それに医師に言われたとおり、指先のしびれが出てきました。仕事に少し支障を来すほどになっています。そして今一番困っていること、それは舌炎です。これがなければ、かなり楽になるんですが、治らないんですよ。幾ら処方された薬でうがいをしても、軟膏を塗っても自然治癒しない。だからちゃんと物が食べられない。これが一番つらいです。

 このブログもできるだけ更新しようと思っているんですが、関節の痛みがまず邪魔をします。何かしようとすると、「ヨッコラショッ」と気合を入れて、動かすと痛い関節を動かさないといけない。これは、もう動かないで、ゆっくりしていなさいという体からの信号である痛みに、自分の意思で逆らうわけですから、結構、強い意思が必要になってしまいます。

 痛みというのは、本当に人間を弱くしてしまうんですね。会社もかなり休んでしまいました。

 

 そして、抗ガン剤の副作用とは別に、恐らく癌の浸潤が進んでいるんだろうと思うんですが、物を食べると、直後にかなりの痛みが胃の下の方で感じるようになりました。前回入院したときに大腸の狭くなったところにステントというバネみたいもので広げる処置をしたんですが、その近くなんです。そのステントの部分の痛みはず~んという感じで、ずっと続いてはいるんですが、そことはまた別のところ、胃の出口あたりがまた狭くなっているような…気がします。

 

 「やれやれ、俺ももう終わりか」と、何度も何度も思いました。でも、なかなか倒れて動けなくなるほどにはならないんです。不思議ですね?

aburakisan02

今週の通院日に当たります。

今回の抗ガン剤治療は、先生にお願いして、1回パスしてみようと思います。このままだと、通院ではなく入院しないとつらくて治療が続けられない気がしてきました。一人で家にいると、妻にも心配をかけますし、余計な迷惑をかけるような気もしますしね。

そして少し体力を戻して、舌炎も少しよくして、それからもう一度トライしてみようと思います。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。