楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

③膵がん浸潤による大腸狭さく部ステント留置処置をする

 大腸カメラ検査の結果の説明を聞いたその日、クマ先生にそのことを伝えるべく会いに行ったのだが、やはりどこかに行っていてつかまらない。

仕方なく、検査の説明に同席してくれた看護師さんに「人工肛門ではなくステントでお願いします」とお伝えくださいと、その旨を伝えておいた。

 

そして翌日の朝のことだった。

検査してくれた、いわくつきの内科医大先生が病室をのぞいてくれた。

「橋本さん、その後どうですか?あのときは大分痛かったと思うんですが、今はおなか痛くないですか?」と優しく聞いてくれる。

なんででしょうかね~内科医の先生は、とても「言葉」は優しい。何だかホッとしてしまう。クマ先生とは大違いだ。まあ、言葉づかいと腕づかいは別物で、外科医は職人気質の腕一本勝負みたいなところがあるのかもしれないが。

 

「はい、今は痛くないです。ハハハ、、、」とわけのわからない笑いでごまかすところが、恥ずかしい。

内科医大先生「これからの処置はどうするか、またクマ先生と相談してくださいね」の言葉を聞き、

「あっ、先生、そのことなんですが、ステントにすることに決めました。」と、内科医先生に言った。

すると

「そうですか、それはクマ先生はご存じですか?」と内科医先生、ほんの少し「ニヤッ」としたように思ったのだが、それは私の勘違いだろうか?

「まだですが、看護師さんには伝えてあります。」と言うと

「では、クマ先生と協議して進めましょう」とのことだった。

 

そして昼過ぎ、今度はクマ先生の登場!

「な~に、橋本さん、ステントにするってぇ~? いいのぉ、そんなんで、一月しかもたないよぉ~」なんて言う

「はい、そうすることに決めました」と、ここはきっちり決めようと、キッパリした口調でお答えした。

「あああ、そう…じゃあ、内科の先生に頼んでみるか…でもね、穴があくからだめだってことになったら、そのときはあきらめてよね」と、あくまで外科による人工肛門にこだわるクマ先生。参るよな~。

 

そして2日後、ステント留置処置をすることになった。

場所は、レントゲン撮影をしながら処置できる、前に大腸カメラ検査をしたレントゲン室だった。

今度は、車椅子ではなく、ストレッチャーに寝かされて運ばれた。麻酔をかけてくれるらしい。俺は人より痛がりなのかもしれないな~。

レントゲン室に入り、

「では、パンツを履き替えてください」と、前回の検査のときにいた看護師さんに同じ事を言われる。

前回は、パンツの穴の空いた部分を前にしてはいて、そっちはお尻側と言われたのを思い出し、今回はちゃんとパンツの穴の空いた方をお尻の側にしてはいた。

点滴の横から、造影剤、そしてた先生の言う「かる~い麻酔剤」を入れられ、何だかぼ~としている間に、どんどん処置は進み。

横のモニターを眺めていても、何だかよくわからない。

「はい、入った。写真撮っておいてください」と内科医先生の声が響いた。

「え?もう終わったの」って感じだった。20~30分程度だった。

後で聞いたが、長さ10センチのステントでは足らないので、7センチのステントを足して、2本ステントを使用したとのこと。何とこのステント、調べると1本21万円強するとのこと、これだけで43万ぐらいの代物だとか。高いのぉ~。

 

心配も何も、アッという間に終わってしまった。

やっぱり、外科で腹を切るのは、できるだけ避けた方がいいと思った。こんなに楽に済むんだ。こういう切らないで済む技術がどんどん進んでくれるといいなと、3年半前に手術した、ろっ骨の下からヘソの下までグッサリ切られた跡の傷を見ながら、心の底から思った。

 

そして、ステントの一応の成功に、いい気分になった私は、

「そうだ。大腸の浸潤が進まないように、アブラキサンという次の段階の抗ガン剤、一度ぐらい試してみるか!」なんて、強気になってしまったのだった。

それにしても、腹が減った。入院してから、何も食わせてもらえない。ただブドウ糖だけで生きている。うまいもん食いたいよ~

(命綱のブドウ糖)

budoutou01

 

つづく

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。