楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

退院してきました

2月20日(月) 入院 大腸カメラ

 大腸に癌による狭窄部が発見された。

 クマ先生の提案

 ①狭窄部を内科にてステントを挿入して拡げる処置をする。

 ②狭窄部の手前に人工肛門をつくる

 ③何とかバイパス手術をする。要は小腸から大腸の狭窄部をバイパスする手術をする。

 クマ先生、内科には任せられないというようなただならぬ雰囲気いっぱいで、人工肛門を勧めるが、退院後の患者の苦労なんかみじんも感じていない強引な押しに、かなりこちらも頭にきて、内科の先生に頼んでステントの処置をしてもらうことに決定。

2月22日(水) 大腸の狭窄部をステントにて処置、約30~40分で完了

3月1日(水) アブラキサン+ジェムザール治療開始

3月4日(土) 退院

 

細かいことは、またこれからお伝えします。

とりあえず、家に帰ってこれたことに感謝したいと思います。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。