楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

会社、休んでしまいました

そろそろだめかなと思った日

意を決して、妻に言いました。

「ごめんな、ありがとうな」って

二人で大声出して泣いてしまった。

膵臓がんだと宣告されたとき、一度だけこんなふうに二人で泣いたことがありました。

それ以後は、泣いてなんていられませんでした。

手術してボロボロになった体を癒し、何とか少しでも回復して、生きていかなくてはいけない。そんな気持ちだけで必死で生きてきました。

 

あの日から体調がよくありません。

特に、おなかのぐあいがよくないんです。アヘンチンキの量がうまくいっていないのか、それともやはりすい臓のない私にはケトン療法は合わないのか、横腹がカチンコチンに固まったようになって、痛くてたまらなくなったり、ずっと水状態の下痢が続いて、一日中トイレから出られなかったり

今日は、とうとう会社まで休んでしまいました。

もうしばらく、ケトン療法を続けてみようと思いますが、こんな状態が続くのであれば、苦しくてたまりません。また、違うことを考えてみようと思います。

ゲルソン療法もつらかったですが、食べた後にこんなに苦しむことはなかったんです。元に戻すのも一つの手かもしれませんね。

 

さっき、会社にいる妻から電話がありました。何事もなく、一日が終わりそうだよと、そんな話をしていました。

 

体調がよくないと、気がめいります。

考えてもろくなことを考えません。

今の私の状態は、まさにそんな状態なんだろうと思います。

こうして、一人で家にいると本当に情けなく、悲しくなってしまいます。

明日は何とか出社しようと思います。

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。