楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

やはり手術後の胃腸は制限だらけだった

 また夕食後に嘔吐してしまった。これで3度嘔吐してしまった。

今回は、最初のときと同じ豚ロースのステーキだった。

 

量が多かったから、腹が苦しくなって、我慢し切れず嘔吐なんだろう?と思っていたんです。

ところが、昨日は食べた直後からもう胃が苦しくなってきて、あと何も食べられない状態になってしまったんです。もう苦しくて苦しくて、それでもせっかく食べたものを戻してたまるかと、じっと辛抱すること1時間です。しかし、だめでした。結局、苦しい苦しい嘔吐事件でした。

食べた「量」じゃなかったんですね。大きさとか、崩れやすさとか、胃に入ってからのことが原因のようです。

 

「あ~あ、」とがっかりしてしまいました。

ゲルソン療法から「糖質制限法」に変えてから、美味しいものを食べられて、とてもうきうきしていたのですが、やはり現実はそんなに甘くはないようです。すい臓がんの手術で切られた胃、十二指腸などなどをどう継ぎはぎだらけでくっつけたのか知らないが、うまくできなかったんでしょうね。

豚肉のステーキのように、消化しにくい、細かく細かく噛み砕けにくいものを食べるとだめなんだとわかりました。どこか継ぎはぎしたところに、ひっかかってしまうんですね。だから1時間もたっているのに、胃から下に行ってくれないんです。苦しいまんまでした。

 

そんな苦しそうな私の姿を見て、妻が、何か自分が悪いことをしたような、悪そうな表情で

「ステーキはやめた方がいいよね」と、蚊の泣くような声で言っていました。

私も、嘔吐した後で、胃は痛むし、まだぐったりしていて

「いや~せっかく、うまいものをつくってもらったのに、どうもクマ先生のくっつけ方が下手くそらしくて、詰まっちゃうみたいなんだよ。」と、答えるのが精いっぱいでした。

いろいろ、うまくいきませんね。

でも、ゲルソン療法だって軌道に乗ってきたのは1年過ぎた後でした。

「糖質制限法」に1年?…

いやいや、そんなに私の命が持つとは思えませんが、

 

とりあえず

またいろいろ試行錯誤です。

あれは食えない、食ったら吐く

これは食えない、食ったら下痢する

なんて、1つずつ覚えていくしかありません。

(画像はイメージです。リンク先は「人気のブログランキング」さんです)

buta01

でも、豚ロースのステーキ…結構好きだったんですけど~

残念!


にほんブログ村


黒焼き玄米茶の「いろは園」


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
該当の記事は見つかりませんでした。