FC2ブログ

楽しく生きるブログ

すい臓がんに負けないためのブログです。2013年秋、ステージ4Aのすい臓がんを宣告され、すい臓全摘出、十二指腸・胆管・胆のう・ひ臓全摘出、胃3分1摘出の手術をしました。術後、余命1年の宣告からゲルソン療法と黒焼き玄米茶に出会い、一度は腹膜に転移した癌が消え、現在、4年が経過しましたが、仕事もしながらちゃんと生きています。あなたも希望を捨てず、前向きに生きていきましょう。
-

①まずは仕事の指導だと思った。

  すい臓がんで入院・手術して、

 

退院してきたのが2013年11月の末でした。

まず、自分がしなきゃいけないことは、私が死んだ後も妻が経済的に生活できるようにすることだと考えました。

私は自営業のような仕事を小さな会社組織にして暮らしています。

まだ私が50代半ばでしたから、年金を当てに暮らしていけるわけではありません。

妻は、働かないと生きていけないんです。

 

私が入院した当時、妻が私の仕事を手伝ってくれるようになってから、まだ2年ほどしかたっていませんでした。つまり、まだ素人だったんです。

それを何とか一人前…いや、半人前でもいいから仕事を覚えてもらわないと、この先暮らしていけない。そう思ったんです。

 

私の終活の最初のステップはそこからでした。

必然的に、妻の仕事に対する私の評価も厳しくなります。

妻だから、大目に見る。そんなことをすれば、周りの従業員たちに示しがつきません。反発を食らうだけです。

何より、私はすい臓がんは術後1年で死ぬと思っていましたから、1年で何とかしなきゃいけない、そう思っていたんです。

 

しかし、そんな私の気持ちをわかっていたのか、わからないのか、妻からの猛烈な反発を食らうことになってしまいました。

従業員が帰った後で、何度も、何度も反発され、泣かれ、そのたび仕事は中断しました。

月に少なくとも1回はこんな状態です。そんな日は、もう妻は一日、一言も私に言葉を発しません。

会社だけならまだしも、家に帰ってからもそのまんまです。暗い暗い家庭です。。。。

「こっちは退院後でフラフラの状態でも1日も休まず、仕事に出ているのに、、、、」そんなイライラが募りました。

私の身勝手な気持ちの空回りだったんですね。

夫婦で働くことの難しさを初めて知りました。

kenka01

これで丸3年、そんなことが続いているんですが、最近はケンカも減りました。

なぜ?

私が仕事上でいろいろ目につくことを言うのをやめたからです。

気がついたんです。妻には私の指導なんていうのは、余計なお世話なんだと。

妻は私に注意や指導されるのがとても嫌だったんですね。

ここでこれ以上、二人の関係を悪くしない方が、仕事のやり方がどうのこうのより大切だと思ったんです。

今は、妻から聞かれることだけ答えるやり方に変えました。私からは何も言いません。

 

土台さえ残しておけば、後は妻のやり方ようにやってくれればいいわけです。

よく考えれば、何もこの仕事を続ける以外にも生きていく道は幾らでもあります。

 

でも、私ができることとして、

そろそろ、管理者としてやらないといけない事務的なことや法律的なことを書きとめていかないといけないなと思っています。

終活 やることやってから死のうぜ!

スポンサーサイト


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
-

②遺言書を書いた

先日、「遺言書」を書いた。

 

ずっと気にはなっていたのだが、やっと書いて妻に渡した。

 

もちろん、遺言書なんて書くのは初めてだ。遺言書を何度も書いたなんて人はあまりいないんじゃないかと思う。

皆目書き方がわからないものだから、ネットで「遺言書の書き方」と検索して

いろんな弁護士事務所なんかの記事を読む、、、うむうむ

幸いというべきか、私には親族がもめるほどの遺産なんて家ぐらいのもので、あとは何もない。

だから、そんな遺言書なんて大げさなものは要らないだろうと思っていた。

 (下の図は、ブログランキングへのリンクです。)

yuigonsho01

自分の子ども達は、恐らく遺産の奪い合いなんてことはしないだろうと思っていたのだが、これがいろいろ調べると、今の世の中、息子の嫁や娘の旦那によって、自分が育てた頃の息子や娘の「人格」がガラッと変わってしまっていることがままあるとか。

例えば息子は、「遺産なんて要らないよ」で済むのだが、その嫁さん方が全部取っちまえ、取れるものは何でも取ってしまえ~的な人だと、結局、嫁さんにガツガツ言われて、旦那は遺産奪取にこき使われるとか。

また、娘は「やっぱり遺産はお母さんの後の生活に使って」で済むのだが、その旦那が借金を背負ったりしていて、これ幸いと取れるものは何でも取ってしまえとなったりとか。

あるいは、もともと子ども達にものすごく嫌われていたが、子ども達も賢くて、死ぬまで猫をかぶっていた。なんてね。

金、金、金…いつからそんな世の中になったのカネ~

そんなグチを言っていても仕方ない。

結局、結論として

遺言書は少なくとも書かないよりは書いた方がいいに決まっているらしいので、書くことにした。

 

書いたことは、

子ども達が私のほんの少しの遺産を奪い合い、ずっと世話をしてくれた妻が住むべき家まで売り飛ばして、今後生活していくのに支障を来すのだけは避けてほしいということ。

それともう1つ、私は無神論者なので、葬式なんてしなくていいよということ。

私の遺言なんてそれだけだった。

 

遺言書は手書きでないとダメらしい。

理由は、ワープロ文書なんかだと、「こんな遺言書はおやじが書いたもんじゃない」とケチをつけらることがあるとか。

仕方ない手書きするか、、、となった。

まずは、ワープロで原稿を書いてプリンターで印刷

手書きでそれをなぞってみた。

ところが、 

心配していたとおり、抗ガン剤の副作用なのか指がうまく動かない。文字がしっかり書けない。もともと下手くそな文字が、もっと下手くそになる。細かい文字はもう書けなくなっていた。

3回、書きなおした。

やっと誤字がなく、多分誤読もしないだろう文字で遺言書を書くことができた。

 

これで1つ、終活が進めることができた。

終活 やることやってから死のうぜ!


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
-

パスワードの記録簿をつくろう!

やはり終活となると、いろいろ気になることは出てきます。

そのうち何をどれだけ準備できるのか?

とにかく手当たり次第やってしまうと、撒き散らしたまま終わってしまう可能性も高いですよね。

 

私の場合、今までにできたことは

遺言状を書いたぐらい。

 

次に、重要だと思われるのが、

いろんなウエブサイトやネットバンクなどの加入状況とパスワードなどの記録

実は、このウエブサイトの加入状況、自分でもよく覚えていないものがかなりあります。

ちょっと調べてみると、旦那が死んだ後、その家族に何十万円もの請求が来た、なんて話はざらにあります。

放置しておいてどんどん雪だるま式に、何かの金額が膨れ上がったりしたとか、、、

いや~そんなあやしいサイトには、「今は」入っていないんですが、冗談抜きで、万が一にもそんなことがあってはまずい。

ayashiisite01

 

私は、学生時代からパソコンが好きで、インターネットなるものが普及しだした当時からすぐに始めました。あの頃はまだ電話回線を使っていて、メール送受信ぐらいが関の山でした。前時代の「パソコン通信」とか言っていた時代に毛の生えたようなものでした。その頃から数えて何年になるんだろう?私が30歳ぐらいの頃から始めましたから、もう25年以上も前になりますかね。

いろんなウエブサイトが生まれては消えていきました。

興味本位やめずらしさからいろんなサイトに登録した覚えがあります。

あのときの登録した個人情報は一体どこに流れていったんでしょうね、とても気になるところではありますが、、、、、

ブログというものがはやりだし、それを使って一般の人でもお金もうけをする人たちが出てきて、アフィリエイトなる言葉がはやりました。今でもやっている人はやっているんでしょうね。私もやってみました。下手くそでだめでした。あれもいろんなサイトに登録したな~、、、、覚えてないや、ハハハ

 

で、とりあえず

今、私のメールアドレス宛に何かしら送信してくるサイトに関してだけ調べてまわることにしました。

これが、いざ始めてみると、困難山積です。

例えば、サイトに行く、パスワードを入れる段になって、そのときのパスワードを忘れてしまっているので、よくある「パスワードを忘れました」の部分をクリックする。すると、ほとんどがメールアドレスを聞いてきます。

password01

 

聞かれたとおり、アドレスを入れる。

すると、「登録されていません」と返答される。

password02

 

???なんで?

そうかわかった!

メールアドレスは、過去インターネットのプロバイダーを変更したときにメールアドレスも変更されたのが1回、そして自分でサーバーを借りてつくったアドレスに変更したのが1回、計2回メールアドレスを変更してしまったんです。

その時代のアドレスを入れると、その時代のアドレスの確認のメールを送信されてしまい、当然、そんなアドレスはもう存在しませんから、届きません。確認できないので、そこから先に進めません。

さて、どうすればいいんだろう?

こんな感じのものが結構出てきました。

 

やり出して、これは大変だ。と気がつきました。

興味本位で入って、利用していないものなどで、退会できるものはできるだけ退会するように決めました。

でも、退会すらどうすればいいのかわからないものもあります。

 

作業は、これからもかなり続きそうです。

やれやれです。



にほんブログ村

黒焼き玄米茶の「いろは園」


にほんブログ村 すい臓がん
日記・ブログランキング

黒焼き玄米茶の「八ヶ岳いろは園」

健康ランキング
このカテゴリーに該当する記事はありません。